酷暑から新米を守ろう。お米の劣化を防ぐには保冷米びつだ!

  • author 小暮ひさのり
酷暑から新米を守ろう。お米の劣化を防ぐには保冷米びつだ!
Image: MKeLIFE

お米を美味しく食べるには?

最近、酷暑が続きますが、あまりにも暑いとお米もヘタリます。劣化も早まりますし、水分量も粘りも減っていき、美味しいはずのお米が台無しに。最悪の場合、虫さんがコンニチハ!してくることも…。

そうならないために、大事なのは保冷です。

小分けにして冷蔵庫で保存するのもアリですけど、冷蔵庫に食材が入らなくなるので、エムケー精工の保冷米びつ「ライスクール」の出番!

180811mk00
Image: MKeLIFE

ライスクールは周辺温度が35度でも庫内は15度をキープし、お米の美味しさもキープしてくれますよ。

米収納量、約6kgモデルと約11kgモデルがあり、それぞれレッドとホワイトの2色。いやぁ、米びつもスタイリッシュになったものですね。キッチンのデザインに合わせてどうぞ!

1日3食お米でもいい。お米大好きっ子な僕はやる気の赤を選びたい。

Source: MKeLIFE

gather round 特集ページ

こちらもおすすめ