必ずバックアップを! 新MacBook Pro、ロジックボード破損でデータ回収が不能な模様

  • 8,756

  • author 塚本直樹
必ずバックアップを! 新MacBook Pro、ロジックボード破損でデータ回収が不能な模様
Image: Apple

いざという時への備えが大事です。

速くてかっこよくてクールな新MacBook Proですが、分解レポートの結果その内部にもかなり手がくわえられていることが判明しています。しかしそのあおりなのか、どうやらロジックボードが破損するとデータの回収ができなくなってしまう可能性があるようです。

まず2016年に導入されたMacBook Pro TouchBarモデルでは、SSDがロジックボードに直接実装されており、分離できない仕様となっていました。そしてAppleは2016年と2017年のMacBook Pro TouchBarモデルのために、専用のデータ回収ツールを用意。基板上の通信コネクタにツールを接続することで、ロジックボードが破損していてもデータの回収が可能でした。

しかし2018年モデルのMacBook Pro TouchBarモデルではこの通信コネクタが削除されていたのです。これでは、データ回収ツールが使えない…。そしてMacRumorsが信頼できるソースから得た情報によれば、やはり新MacBook Proのロジックボードが壊れるとデータの回収は無理なようです。

というわけでこれから新MacBook Proを導入する場合には、バックアップが非常に重要になってきます。Mac全体をバックアップする方法としては、「タイムマシン(Time Machine)」がおなじみでしょう。システム環境設定から利用できるタイムマシンは、外付けHDDなどにMacのデータをマルっと保存することができます。

また個人的に好きなのは、古典的ですがデータファイルを手動で外部ストレージに移動する方法です。これは少し作業の手間が増えるのですが、Macやアプリのおかしな設定が引き継がれず、必要なデータのみが復元できます(タイムマシンでも特定ファイルの復元は可能)。あと、Windowsマシンなどでもすぐに作業が再開できるのもいいですね。

今どきのPCはそうそう壊れなくなりましたが、新Macabook Proだけでなく他のマシンでも常にバックアップでデータを保護することを心がけておきましょう!


Image: Apple
Source: MacRumors

(塚本直樹 )

gather round 特集ページ

こちらもおすすめ