もうバケモノじゃん。アメリカの新スパコン「Summit」が世界1位に返り咲き

  • 27,233

  • author ヤマダユウス型
もうバケモノじゃん。アメリカの新スパコン「Summit」が世界1位に返り咲き
Image: Oakridge National Laboratory

圧倒的だけど、これでもいずれ抜かれるのがスパコン界隈のすごいところ。

オークリッジ国立研究所は、IBMと謎の半導体メーカーNIVIDIA(エヌビディア)とともに、新しいアメリカ産のスーパーコンピューター「Summit」を開発しました。2018年6月現在、世界でも最も強力なスパコンになります。

計算速度は毎秒200ペタフロップス。日本のスパコン「京」の20倍一般的なラップトップの100万倍高速です。Summitが1秒で計算できることを人間がやるなら、ざっと630億年はかかるそうな。そんなにかかったら進化しちゃうよ。

180611beholdsummit2
Image: Oakridge National Laboratory

このバケモノスペックを支えるのは、4,608台のサーバー、9,216個のCPU、2万7648個のGPU、そして冷却のための4,000ガロン(約15,000l)の水です。システムの総量は340トンにもなり、消費電力は13メガワットにおよびます。

Summitが生まれる前までは、中国のスパコン「Sunway TaihuLight」がタイトル保持者でした。Summitはこの前回王者よりも60%高速で、アメリカで2012年から稼働してきたスパコン「Titan」よりも8倍近い処理能力を持っています。2012年当時は「Titan」が世界王者でしたが、翌年に中国の「天河二号」に追い抜かれました。まさに、追い抜け、追い越せ。

膨大なデータを処理できるSummitなら、気候モデルの作成や新しい航空機の設計、病気の原因の特定など、人間が知覚できない無数のパターンを計算することができます。2018年で200ペタフロップスですから、次に出てくる世界王者はどんなスペックになるんでしょうね。あぁ、現実がシミュレートされてゆく。


Image: Gizmodo US
Source: Gizmodo US

ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ