シリコンバレーのめちゃボロい家、1億円で売られる

  • 22,956

  • author satomi
シリコンバレーのめちゃボロい家、1億円で売られる
Image: KTVU

火事で燃えた家がそのまま売りに出されていることも驚きですが…

燃えかすにベニヤ板を打ちつけたボロッボロの家がシリコンバレーで80万ドル(約8800万円)で売りに出されているのをKTVUが発見し、ニュースで報じました。

ボロッボロでも取り壊さないのは、「壁をひとつでも残せば改築扱いになり、新築許可の費用が節約できるから」(不動産業者さん)。いちおう用地は5,800平方フィート(163坪)あって、付近の家は1.5億円ぐらいで売られているので差額で建てればトントンということみたいです。

場所はサンノゼ市ウィローグレン地区です。高級住宅街というほどのこともないんですが、ここ4年で地価が倍になりました。サンタクララ郡は住宅中間相場が平均140万ドル(1億5400万円)で、Google(グーグル)がこの近くのディリドン駅前に巨大なオフィス拠点「グーグルビレッジ」を建設する計画なので、不動産屋はどこまでも強気です。

実際、Facebookに4月10日に掲載したら1日で10件オファーが舞い込んで、5月7日には売られていきました…。気になる最終プライスは17%競り上がって938,000ドル(約1億280万円)。


Source: KTVU

Sidney Fussell, Tom McKay - Gizmodo US [原文1, 2
(satomi)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ