いい写真をインスタにあげて報酬をもらう! indaHashで高品質なコンテンツを作ってみない?

  • 29,669

  • author 編集部
いい写真をインスタにあげて報酬をもらう! indaHashで高品質なコンテンツを作ってみない?
Photo: ギズモード・ジャパン

自分のセンスをフルに生かせるかも。

テクノロジーの発展によって身近になったものってたくさんありますが、中でも「写真」ってかなり身近になりましたよね。特にスマートフォンの登場によって高画質な写真を気軽に撮れるようになり、最近ではInstagramが主流SNSとしての地位を固めつつあります。でもそんなに写真が身近になっても、どうも生かしきれてないような気がして…。

たとえば……自分が撮影した写真を使って、お金を稼ぎたい! そんな願望に答えてくれるのがindaHashというサービスです。ギズモード・ジャパンを運営する株式会社メディアジーンとも提携しているこのサービスは、 クオリティの高いコンテンツを作ることで報酬がもらえる、 インフルエンサーマーケティング向けのプラットホームなんです。もちろん、ギズ読者のみなさんも使うことができますよ

Video: indaHash/YouTube
SONY XPERIAのケーススタディ。

インフルエンサーマーケティングとは、企業がインフルエンサーを使って商品やサービスをPRするというマーケティング手法です。このインフルエンサーが具体的にどういう人を指すかというと、たとえばInstagramなどで大きな影響力を持っているユーザーのこと。ではこのインフルエンサーと企業をどのように繋ぐのか、そこで出てくるのがindaHashです。

indaHashは、企業のキャンペーンとInstagram上のインフルエンサーを繋げるプラットホーム。たとえば、情報感度の高いギズ読者のみなさんがindaHashを通して高品質なコンテンツを作れば、報酬をもらうことができるんです

Video: indaHash/YouTube
過去にはドラマ『ツインピークス』のキャンペーンも。

使い方は簡単、indaHashのアプリ(iOS/Android)をダウンロードし、登録するだけ。あとは登録時に入力した情報とマッチしたキャンペーンがアプリ上に表示されるので、中から選んで条件にあった写真を撮影し、申請すればいいのです。なお、報酬額はユーザーのフォロワー数や反応率などが反映されたレートによって、キャンペーン応募の時点で決まっています。申請が通ると、写真を24時間以内に投稿することができ、投稿後に報酬をもらうことができます。

一見してみるとステルスマーケティングとも間違われそうですが、ご心配なく。投稿上のハッシュタグでキャンペーンかどうかの判別は可能です。

「僕は別にインフルエンス力ないし、関係のない話だな…」と思ってしまう方もいるかもしれないですが、有名人じゃなくてもまったく問題ありません。プラットホームの性質上、登録時にインフルエンサーとしての審査を通る必要があるのですが、現時点(2018年4月)ではフォロワーが300人以上、また投稿数やフォロワーの反応率が一定数を満たしていれば参加できます

180320_indahash-1
Image: indaHash
たとえばPUMAのキャンペーンの場合、公式の投稿よりも、インフルエンサーによる投稿のほうがエンゲージメント率が高かった。

というのも、indaHashはセレブのような存在自体の影響力に頼るのではなく、ユーザーのセンスをフルに生かしたコンテンツによって、商品の魅力を伝えていくことを目的にしているんですね。ここまでくれば、クオリティの高いコンテンツを集める新たなパブリッシュプラットフォームとも言えるかもれません。

180322_indahash_ex
Image: indaHash
過去のコンテンツの例。

もし自分のセンスを試してみたい! ついでにお金ももらえると幸せ! という方は、indaHashを使ってみてはいかがでしょうか。


Photo: ギズモード・ジャパン
Image: indaHash
Source: indaHashiOS/Android), YouTube(1, 2

(ギズモード・ジャパン編集部)

gather round 特集ページ

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ