酔ってる? 醒めてる? 肌に貼ってアルコール値を検出して通知してくれるICチップ

  • 7,490

  • author 岡本玄介
酔ってる? 醒めてる? 肌に貼ってアルコール値を検出して通知してくれるICチップ
Image: American Chemical Society

5cmほどのエレキ板です。

お酒の強い人ほど、飲んだあと「自分は酔ってない!」と言い張りがちかと思います。でも自覚があるのかないのか? それとも強がっているのか? 実際はけっこうベロベロだったりするんですよね。

徒歩で帰るのならまだしも、そんな人たちにハンドルを持たせることなんて絶対にできません。そこで開発されているのが、肌に貼ってその人のアルコール摂取量をBluetooth経由でスマートフォンにお知らせしてくれるICチップです。

カリフォルニア大学サンディエゴ校が開発しているガジェットで、汗による刺激で値を検知します。

この研究を率いているセイラ・セルモヴィック博士は、こう話しています。

テンポラリー・タトゥーみたいですが、実際は柔軟性のあるワイヤレス機器が詰まったバイオセンサーなのです。とあるパーツがパッチの下にある皮膚に対し、刺激のある化学物質を放出します。そして別のパーツが、汗の電流の変化を感じ取ります。それによりアルコール値を計測して携帯電話にデータを送るのです

計測にかかるのはたったの1分。従来の技術だと2~3時間もかかっていたのがウソのようです。ですが結果をスマートフォンに送るまで8分かかるそうな。

アルコール値を検出するガジェットはいろいろありますが、肌から直接汗を検知するというのは信頼できるんじゃないでしょうかね? 「飲んだら乗るな」が基本ですが、車を運転する呑み助さんは市販されたら持っておいたほうが良さそうです。


Image: American Chemical Society
Source: ScienceDaily via engadget

岡本玄介

あわせて読みたい

powered by