カセットテープがハイレゾ相当で再生できるCDラジカセ。てーぷがはいれぞ……って?
Image: PRTIMES

カセットテープがハイレゾ相当で再生できるCDラジカセ。てーぷがはいれぞ……って?

  • 10,363

正解はアップコンバート。

東芝エルイートレーディングのオーディオブランドAurexが、カセットテープをハイレゾ相当再生できるCDラジカセ「TY-AK1」と「TY-AH1」を発表しました。レコードしかり、アナログメディアがアツい昨今、再生機器もリブートしていかねばというこの風潮、良さみです。

両機種ともテープ、CD、FMワイド、SDカード、USBメモリーでの再生に対応。TY-AK1はハイポジの再生と録音ができて、TY-AH1はPCとのダイレクト接続やBluetoothに対応したりと、微妙に性能が違うみたいです。SDカードとUSBメモリーの再生については、192kHz/24bitのFLAC、WAVファイルの再生が可能。40kHz以上の高域も再生できる20W+20Wスピーカーでハイファイをエンジョイしましょう。

180313toshiba_02
Image: PRTIMES

そして気になるハイレゾ相当へのアップコンバート機能ですが、これはテープだけでなくCDやラジオなども高音質化できるとのこと。元音源をアップサンプリング&ビット拡張し、多機能フィルターや倍音生成などをかけて20kHz以降の音を補完していくみたいですね。すべてのハイレゾ音源で20kHz以降の音が出てるとは限りませんし、そう考えると倍音生成で作られた高域部Xがハイレゾみを付加するというのは、力技レプリカみたいな感じで面白い。

テープの音源はSDカードやUSBメモリーにダビング可能。一通りのアナログメディアとラジオを、現代らしい良い音で再生できる便利ラジカセという感じで、ひとつあれば何かと事欠かなさそう。ラジカセといえばこもったバンドパスサウンドなイメージでしたけど、これも世代差が出てきてしまうのだろうか……。

180313toshiba_03
Image: PRTIMES

「TY-AK1」は2018年3月下旬に、「TY-AH1」は4月下旬に発売予定。想定価格はそれぞれ2万7000円、2万2000円です。


Image: PRTIMES
Source: 東芝エルイートレーディング株式会社, PRTIMES
ヤマダユウス型

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ