クルマなの? バイクなの? SONDORSの挑戦的な3輪EV
Image: SONDORS Electric Car Company © 2018 via SONDORS

クルマなの? バイクなの? SONDORSの挑戦的な3輪EV

前から見ると普通の自動車ですが、後ろからだと……?

アメリカでEバイクを作っているSONDORS(サンダース)が、そのノウハウを活かして3輪電気自動車を作りました。3輪といっても車輪はミゼットのような前輪1つ後輪2つの配置ではなく、なんと後ろが1輪なんです。

ちなみに、170馬力で航続距離は320km。気になるお値段はお手頃価格の1万ドル(約109万円)だそう。

Video: Electromobiile360 /YouTube

2015年にEバイク産業に入ってきた若い会社が、たった3年足らずでEVを作るだなんて目を見張るチャレンジですよね。しかもこんなに安いのは、車輪がひとつ足りないからというのが大きな理由だそうです。パーツが減ることは材料費も工賃も、いろんな手間が減りますもんね。そういう意味でもエコな車なわけです。

彼らは安くて環境に優しい自転車というコンセプトがウケて知名度があがり、その延長線でこのEV開発を考案。クラウドファンディングでは100万ドル(約1億円)もの出資金をゲットしたことで、まずはプロトタイプが作られました。

現在は公式サイトで登録し、予約金100ドル(約1万円)を支払うことで量産開始後に購入できるようになりますよ。では、プロトタイプを試乗している様子も見てみるとしましょう。

Video: Roadshow/YouTube

プロトタイプの段階では、時速0〜60マイル(約96km/h)まで6.2秒とまずまずの速さ。内装も美しくデザインされていますし、軽自動車やバイクと同じノリで所有できるのはちょっと魅力的なんじゃないでしょうか?


Image: SONDORS Electric Car Company © 2018 via SONDORS
Source: YouTube(1, 2)via Fresh Gadgets, SONDORS, Wikipedia

岡本玄介

あわせて読みたい

    powered by

    Sponsored