ジャイロセンサー搭載のタテヨコ回転ディスプレイは何がいいの?

  • author 三浦一紀
ジャイロセンサー搭載のタテヨコ回転ディスプレイは何がいいの?

ディスプレイにジャイロセンサー?

アイ・オー・データ機器は、23.8型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF245ED-F」シリーズを2月下旬より発売します。

最大の特徴はジャイロセンサーを搭載していること。ディスプレイにジャイロセンサーってなんなんでしょう?

180208IOLCD-MF245ED-F-04
Image: アイ・オー・データ機器

ディスプレイを縦に回転すると自動的にコンテンツも縦配置になるんです。縦型になるディスプレイはありますが、都度自分で画面設定を行う必要がありましたが、ジャイロセンサー搭載のこのディスプレイなら、自動で縦位置仕様に画面を変えてくれるのですから、便利便利。

ちなみにこの機能を使うには、専用アプリ「クルッとな」をインストールしておく必要があります。対応するのは、Windows 7/8/8.1/10となっています。

ちなみに、本体カラーは黒のほか白もありますよ。

180208IOLCD-MF245ED-F-05
Image: アイ・オー・データ機器

直販価格は2万7864円(税込)。現在予約受付中です。

僕はディスプレイを縦長にして使ったことはないんですが、ギズモード編集部では縦型にして使っている人が約1名います。縦長のほうが便利なシーン、結構あるんですよね。

Webページは縦長ですし、テキストエディタやワープロソフトで文書入力をしているときも、縦のほうが向いていると思います。意外と縦長表示は需要あると思いますよ。

快適に縦長ディスプレイを使いたいという方、どうぞ!


Image: アイ・オー・データ機器
Source: アイ・オー・データ機器


(三浦一紀)

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ