LGが発表した音声アシスタント「CLOi 」が、人間味にあふれている! ご機嫌斜めでプレゼンの質問を全無視
Image: Gizmodo US

LGが発表した音声アシスタント「CLOi 」が、人間味にあふれている! ご機嫌斜めでプレゼンの質問を全無視

嫌いじゃない。

音声アシスタントといえば、AppleのSiri、AmazonのAlexa、MicrosoftのCortana、そして、名前はないけどGoogleのOK Googleちゃん。ここに新たに加わるのが、LGの音声アシスタントCLOi(クロイー)。

LGのマーケットVPであるDavid VanderWaal氏が、開催中のCESにてCLOiのデモを行いました。ステージにVanderWaal氏と登場したCLOi搭載のロボットは、まるいフォルムがかわいい雪だるまのようなデザイン。他社音声アシスタントと同じく、シンプルなタスクをこなしてくれるそうですが、CLOiの真の魅力は、その人間ぽさにあるとギズモードはみています。どうやらCLOiには、通常の人工知能にはない気分のムラがあるようです。なんと人間味あふれるアシスタントでしょう。

Video: Gizmodo/YouTube

ステージデモでは、LG家電との連携を想定したシーンを披露しましたが、ほらこの通り。VanderWaal氏の問いかけ全無視です。100%無視。完全にそっぽを向いています。

「CLOi、洗濯の準備できてる?」

「CLOi、晩御飯なに?」

「CLOi、お話してくれるかなぁ? この鳥肉にあうレシピは何かなぁ?」

ステージ前に、何か機嫌を損ねることでもあったんでしょうか。舞台上でご機嫌ナナメを隠すこともなく、VanderWaal氏が何を質問しても知らん顔。大物感あふれる音声アシスタントとなっています。

さて、このLGのデモを失敗と見るか、人間ぽいと見るかは、音声アシスタントに何を期待するかしだい。話し相手として友人のような人工知能を求めるならば、こういう気分のムラがあったほうが楽しいと思いますけどね。まぁ、なんだかんだ言ったけど、今回のLGデモは大失敗なわけですけど。ガン無視するロボがかわいくて、つい擁護したくなっちゃった!

LGは、今回のCESにて、CLOI搭載のロボを3パターン(お買い物ロボ、荷物運びロボ、給仕ロボ)発表しました。

Image: Gizmodo US
Video: YouTube

Bryan Menegus - Gizmodo US[原文
(そうこ)

FEATURED VIDEO

Microsoft Surface Go | Hands-on

あわせて読みたい

powered by

こちらもおすすめ