【ネタバレあり】ポーグがまさかの……。映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レビュー
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

【ネタバレあり】ポーグがまさかの……。映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』レビュー

映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』、実に実に面白い映画でしたね。

実は試写会で数日前に観ていたのですが、でもこの映画はどこをどう語ってもネタバレになっちゃうという。だからネタバレ完全無しじゃ何も書けない……そんなことで悩んでいたら月日は流れついに公開日に。

というわけで今回は、あえてネタバレありで簡単にレビューしてみたいと思います。ネタバレをあんまり気にせず書いていますので、ぜひ本編をご覧になってからお読みください!

last_jedi_main
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

まず映画は全体としてテーマは暗いものの、ユーモアに溢れた脚本で、なんというかマーベルのアメコミ映画っぽいノリすら感じる勢い。今までの『スター・ウォーズ』と比べるとコメディっぽすぎて嫌という人も出てきそうなほど(ハックス面白すぎるでしょ……)。でも個人的には、重大な展開とユーモラスな場面のバランスがよかったと思います。

そして最終兵器を壊されたはずの「ファースト・オーダー」はどういうわけか力を増していて、レジスタンスが基地から必死に撤退するところスタートするあたりは、かなり『帝国の逆襲』っぽく、『フォースの覚醒』が『新たなる希望』っぽかったのと同じく、全体的に『帝国の逆襲』へのオマージュに満ちた作品となっていましたね。

ファンとしてはルークが『ジェダイの帰還』以降、どうやって生きてきたのかが垣間見えるシーンも嬉しかったところ。Xウィングが沈んでいるのとか、グッときてしまいます……!

leia_main
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

しかし、今までのスター・ウォーズの単なる真似やエピソード間の穴埋めでは終わらず、新しいものを見せてくれる作品であり、特にショットの美しさは旧三部作にも負けない素晴らしいものだったと思います。

新しいものといえば、フォースを使った技の描写が今までよりも派手で、とにかくいろんな使い方がされていたのも印象的。特にレイとカイロの共闘は熱く、その相手となったスノークの護衛である「エリート・プレトリアン・ガード」が多彩な武器を持っていてアクションのバリエーションに幅があったのも、ショットの美しさと相まって素晴らしかった!

また今までにないフォースの使い方だと、ルークの大技も凄かったですが、スカイウォーカーの一族であるレイアがフォース感知者だというのはわかっていましたが、あそこまで凄い使い方をするとは! 一瞬、あっけなく退場かと思ってショックだったのですが、あまりに無茶苦茶なシーンでちょっと笑ってしまった人も少なくないはず

EP8-137707_R
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

無茶苦茶つながりでは、ポー・ダメロンは「日本のロボットアニメの主人公かよ……」と思わせる暴れっぷりで、いずれ登場するであろう新ジェダイ・オーダーの創設メンバーになる気がしますよね!(コミック『砕かれた帝国』で語られている設定で彼はフォースにだいぶ縁深い育ち方をしているので、可能性は高いはず)。

ジェダイで言えば、レイが前作同様めちゃくちゃに強かったですが、その親が皇帝でもルークでもなく、普通の人というのがすごく良かったし、安心しました。

確かに強いフォースの使い手の娘だったらあの強さに簡単に納得がいくのですが、ジェダイになれるかどうかに血筋とか血中に住む生物の量とかが関係ないほうが夢と希望を与えてくれるじゃないですか(映画のラストもそういうことだと自分は思っています)。

あとは『エピソード9』でこの設定がいきなり覆されて、プリクエル(『エピソード1』~『3』)でちょっとだけ言及された「ダース・プレイガスがミディクロリアンを操って生み出した生命体」みたいな設定にならないことを祈るばかり……

EP8-FF-002991
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

そして今作で気になっていたポーグは、インタビューをするまでジャー・ジャー・ビンクス枠だと心配をしていたましたが、そんなことはなく、監督やプロデューサーの言葉通りあくまでちょっと奇妙で愛嬌のあるクリーチャーというコミカルな位置づけで、メインのプロットを邪魔しない程度で安心。

特にポーグで気に入っているのはチューバッカが、ポーグを食おうとするところ。笑えるシーンであると同時に、「ハン・ソロが生きていたら、真っ先に止めてただろうなぁ……」と思わせ、ちょっと切なくなる場面でもあります。

でも正直、「焼きポーグ」のおもちゃが欲しい。「ブルー・ミルク」に匹敵するアイコニックなスター・ウォーズ飯が誕生してしまったと思います。

そういえば、実はポーグとチューバッカの交流を描く絵本が児童向けに発売されるんですが、どんな内容になっているんだろう(すでに予約済み。この記事が公開する頃には届いているかも?)。まさか食べないですよね……いや、食べてほしいかな……?

個人的に楽しみだった悪党キャラの「DJ」はベニチオ・デル・トロの強烈な演技もあってインパクトはあって、正直もっと見たかった!

でも、冷静に考えてみると自分の好きな『スター・ウォーズ』の悪党たちが長い間映画本編に出続けてきたことはあんまりないので(賞金稼ぎなんてみんな一瞬!)、むしろ長いくらい。だから、これからコミックや小説で掘り下げられてみんなのお気に入りキャラになるのかもしれません。

EP8-FF-003802
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

悪党で言えば、『スター・ウォーズ』という戦争の世界の裏側で武器を売りながら利益を得ていい暮らしをしている連中が登場したのは面白かったところでしたね。ライトサイドでもダークサイドでもないグレーなラインを多くのキャラクターが歩んで行くテーマにもマッチしていたと思います。

本当にいいところがたくさんある映画でしたが、その一方で、好みに合わなかった物をあげると、まずメカのデザイン。これは完全に好みの問題ですが、新しく登場するビークルが、いわゆる旧3部作系のデザインのビークルと一緒に宇宙に浮いてるのが不思議な、デザイン的にあんまりつながりを感じないものだったのが気になってしまいました。何度か映画を観ているうちに慣れていけば、カッコよく感じるかも……?

とはいえ、レジスタンスのクルーザーが『ローグ・ワン』の「ラダス提督」の名前を取った船になのは熱い(本編内では言及されてなかったはずだけど……)。あれはデザインも基本的にモン・カラマリ・スター・クルーザーでしたね。でも、大好きなアクバー提督が……。

EP8-156216_R
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

加えてファーストオーダー側の新キャラは、「エリート・プレトリアン・ガード」は旧3部作の皇帝の護衛「ロイヤル・ガード」とは異なり、たくさんアクションをしてカッコよかった一方で、BB-9Eや、新しいストーム・トルーパー(エクスキューショナー)はほとんど出てこず、ファズマもほとんど戦闘しないというのにはショックを受けた人も少なくないはず

特にファズマは彼女を主人公としたコミックや小説が出ていて(どちらも日本語版あり)、活躍を予感させていたので、個人的にはもうちょっと、せめて今回の3倍くらいは暴れてほしかったですね。やっぱり彼女はボバ・フェット枠なのか……!

しかし、例えオモチャはいっぱい出ても、活躍はしない。実にスター・ウォーズらしいじゃありませんか!

ストーリーで引っかかったのが、新提督がレジスタンスのエースであるポーに作戦を隠したがために起こる混乱の下り。言ってしまえば烏合の衆であるレジスタンスっぽくもあるし、フィンが活躍する展開への導入だったのはわかるんですが、物語の進行を遅らせるあんまり好みではない展開でした。あの代わりにもうちょっとクレバーな戦闘シーンが増えて欲しかった……!

kylo_main
Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

と、マイナスなところもバッと列挙してしまいましたが、スター・ウォーズ云々を抜きにしても映画としての完成度が高く、『エピソード9』へと繋げる以上のことを巧みやり遂げた傑作ライアン・ジョンソン監督が作り出すこれからの新三部作がめちゃくちゃ楽しみですね!

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は現在公開中。その続編『エピソード9(正式タイトル未定)』は、アメリカで2019年12月20日公開予定。



Image: (C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
Source: スター・ウォーズ/最後のジェダイ|映画 | スター・ウォーズ公式

傭兵ペンギン

こちらもおすすめ